英会話360 チップ文化

Hello everyone, and welcome back to another Eikaiwa360 blog!

Today, I thought we would focus on restaurants and ‘tipping’ culture in the West!  In Japan, it is normal that when you eat at a restaurant you only pay for your food.  But in the West, we almost pay a tip to the waiter or waitress who served us our meal.  If we don’t, it’s quite rude!

今日は、レストランと西洋の文化であるチップの文化に焦点をおいてみましょう。 日本では、レストランで食事をするときには料理のみにお金を払います。 しかし、西洋では、食事を出してくれたウェイターやウェイトレスにチップを払うことがほとんどです。 もし私たちがしなければ、それはかなり失礼です!

So, why do we pay a tip? なぜチップを払うのか?

Well, to put it simply, we give a tip to say ‘thanks!’  If you give a tip, it means ‘keep up the good work.’ Giving a tip is very different, but the feeling when we give a tip is kind of like saying ‘ごちそうさまでした!’

簡単に言えば、「ありがとう!」と言う意味でチップを渡します。チップを渡すことは、「良い仕事を続けて」という意味です。チップを与えることとは非常に異なりますが、チップは「ごちそうさまでした!」と言っているような感じになります。

This time I have a question for you, Natsumi!  I heard that in Japan, sometimes it is thought of as rude to give a tip after a meal, but I don’t know if that’s true.  Is it? If it is rude, why?

今回は、Natsumiに質問があります! 私は日本では、食事の後にチップを渡すのは失礼だと聞きましたが、それが本当かどうかわかりません。 そうなのですか? それが失礼なら、なぜですか?

良いサービスに対してお金を払う、チップの概念は日本にはないですが、失礼だとは思いません。学生の時だとチップ文化を今ほど知らないため、ウエイトレスとして働いていたとして、テーブルの上にお金が置かれていたら、そのお客様を追いかけて「お金を忘れていますよ。」と声をかけると思います。

もしかすると会社によるとチップを受け取ってはいけないというルールもあると思います。
病院には、「贈り物は一切受け取れません」という貼紙を見たことがあります。文化の違いとして日本人は馴染みがないため、失礼とは思いませんが 気持ちだけで十分ですとなりますね。


Another thing you might be worried about if you try to give a tip in a foreign country is, ‘how much?’  
あなたが外国でチップを渡そうとすれば、あなたが心配するかもしれないもう一つのことは、「いくら?」です。

Well, the answer is ‘there is no rule.’  Sometimes how much a normal tip is changes depending on the country, the town, or even the restaurant.  I don’t know about Europe, but in America, a good rule is to give a tip that is at least 10-20% of your bill.  So if your meal costed $100, you should give about a $10-$20 tip! It sounds confusing, but really the most important thing is to give a tip even if it is small to say ‘thank you.’

答えは「ルールはありません」です。国、町、またはレストランによっては、通常のチップがいくらか変わることもあります。 ヨーロッパについてはわかりませんが、アメリカでは、あなたの伝票の少なくとも10〜20%のチップを渡すのが良いルールです。 あなたの食事が100ドルの場合は、約10ドル〜20ドルのチップを渡してください! 混乱して聞こえますが、最も重要なことは、「ありがとう」と言うほどではないとしても、チップを渡すことです。

If we don’t give a tip, it means ‘your service was bad,’ or ‘because of you we had a bad meal.’  If the waiter made a big mistake or was rude and didn’t apologize, then it okay not to give a tip.

チップを渡さない場合は、「あなたのサービスは悪い」、「食事に満足できないから」という意味です。ウェイターが大きなミスをした場合や、失礼で謝罪しなかった場合は、チップを渡さなくても大丈夫です。


What do you think about tips, Natsumi?  Have you ever given a tip to a waiter before?
チップについてどう思いますか?以前にチップを渡したことがありますか?

チップ文化がない日本人としては少し面倒だなと思う反面、チップをもらえると思えば、確かに良いサービスをしようと心がけると思います。

レストランの場合だとキッチンで働いている人はもらえないということですか?それはつまり自給がウエイトレスに比べて高いということになるのでしょうか?またクレジットカードで払う場合はどうするのですか?
In the case of a restaurant, are the people working in the kitchen unable to get tips?  Is that because in comparison to waitresses their wages are higher? Also, what happens if a customer pays with a credit card?

Good question!  Most of the time, chefs receive higher pay than waiters or waitresses, so they don’t need to worry about tips.  In some places, the hourly pay for waiters and waitresses is very small (around 200-300 yen) so they rely on tips very much.  Even if they pay with a credit card, most people will leave a cash tip on the table. You can pay tips by credit card too, but often times the company takes most of the tip in that case…  I recommend always keeping some small change to pay a tip when you eat out!

良い質問ですね! ほとんどの場合、シェフはウェイターやウェイトレスよりも高い給料を受け取るので、チップについて心配する必要はありません。 いくつかの場所では、ウェイターやウェイトレスの1時間当たりの支払いは非常に少ない(約200〜300円)ので、彼らは非常にチップに頼っています。 クレジットカードで支払うとしても、ほとんどの人は現金でチップをテーブルに置きます。クレジットカードでもチップを支払うことができますが、多くの場合、会社はそのチップの大半を取ってしますので…私はあなたが外食するときにチップを支払うために細かいお金を常に持つことをお勧めします!


最後にレストラン以外ではどこでチップを払えばいいかわかりません、、、。タクシー?美容院?
Last, besides restaurants I’m not sure what situations I should pay a tip in… Taxis? Beauty salons?

It’s true that sometimes it’s difficult to tell when you should give a tip, isn’t it?  Most of the time if someone helps you directly with a service it is good to give them a tip.  It is normal to tip taxi drivers, hair stylists, and delivery workers. It isn’t required, but you can also tip street performers like musicians and artists too!  

時々チップを渡すべきであるか判断することは難しいことは事実ですね。 ほとんどの場合、誰かにサービスとして手伝ってもらったら、チップを渡すのがよいでしょう。 タクシーの運転手、ヘアースタイリスト、配達作業者にはチップを支払うのは普通です。また必ずではありませんが、ミュージシャンやアーティストのようなストリートパフォーマーにもチップを払うことができます。

 

私はチップを渡したことはありません。オーストラリアに滞在していた際は、日本と同じくチップ文化はそれほど広まっておらず、チップを払わなくてもいやな顔をされることはありませんでした。今後海外に行くときはチップを支払い忘れないようにしないといけないなと改めて思いましたし、自然に振舞えるようにしたいですね。

Tips can be confusing, but don’t worry too much!  If you go traveling to the West, just tip a small amount of money and the waiter will be happy to know that he did a good job.  Also, if you are feeling generous or have a lot of extra money it is okay to give a really BIG tip too. Sometimes people in America who had something really good happen will tip their waiter a big amount, like $100 or more!

チップは混乱するかもしれませんが、あまり心配しないでください! あなたが西欧へ旅行する場合、少額のお金を払うと、ウェイターは彼が良い仕事をしたことを知って喜ぶでしょう。 また、寛大な気持ちや余分なお金がたくさんある場合は、大きなチップを渡すことも大丈夫です。 時には本当に良いことをして、100ドル以上の大きな金額をウェイターに渡すこともあるでしょう。

いかがでしたでしょうか?

日本にない大きな文化の違いなので面白いですよね。皆さんは海外でチップを渡した経験はありますか?またはCarsonに質問があれば気軽に聞いてくださいね。皆様からの質問待っております!

今日も読んでくださいましてありがとうございました。


英会話360,中もず駅前,堺市,大阪,英会話スクール,英会話教室

英会話360 – More Life Through Language & Community

なかもずLS |  和泉中央LS
More Life Partner Base :〒591-8023 大阪府堺市北区中百舌鳥町5丁669-1
ラ・レックス中モズライフワンビル 2F
tel/fax : 072-242-8181

www.eikaiwa360.com | support@eikaiwa360.com